ジャージがお洒落な時代到来

※あくまでもテレビで見聞きした情報です
2017_03_16.png
この前出張先のホテルで朝のニュースを見ていたら「今ジャージがお洒落!」みたいな特集を見かけました。

どこぞの巷ではファッションにジャージを取り入れるのが流行っている模様です。
どのメーカーでもいいわけではなく、アディダスがいいとのこと。ラインが入っていて足が細く長く見える効果があるんだとか。
上は普通の服装で、ボトムをアディダスのジャージにするのが最も手軽な取り入れ方のようです。ショップでは黒の売れ行きが非常に好調だそうですが、人とは違うものをとピンクの方もおられました。

更にはアディダスのスポーツカジュアル的な着こなしだけではなく(はたしてボトムだけをジャージにしたものをスポカジと強引にくくってしまってもいいのか不明ですが)、各洋服メーカーからも素材がベロアだったり、裾が広がっていたり裾がファスナーで開いて大きくスリットができていたりと魔改造されているアレンジジャージが登場していました。本来の機能性が失われていないか心配なのですが、ウエストがゴムで横にそれっぽいラインが入っていればジャージを名乗ってよいものなのでしょうか。
(ウィキペディア先生によるとジャージとは編み方の一種でジャージー生地で作られた衣類のことを指すようです。ベロアのジャージとは。)

それがまぁ海外のファッションショーでジャージブームが来たのが事の発端らしく(流行りってそうやって作られるものですけどね)、ニュースの街頭インタビューでは海外セレブ風にファーコート+ジャージのズボンのコーディネートの方がいて、流行りってすげぇなと思いました。


さて、私は以前PUMAのジャージを買ったという記事を書きました。
スポーツ屋さんで色々なメーカーの物を見ていた時には、アディダスを「あぁ…小学生の時に3本ラインのジャージが流行ったなぁ…。なんかデーンデーンデーンとラインが入っているといかにもな感じがしてちょっと恥ずかしいな」と思って候補から外してしまったのでした。(あくまでも個人の感覚としてなのでアディダスさんに悪意はありませぬ。普段からスポーツに親しんでいるわけではなかったので子どもの体操服というイメージが強かったのです)

この思考は世間の流行から真逆だったわけです。
しかも、マラソン大会の練習を始めたばかりの頃は、走り終わった後にスーパーで買い物をするのを「ジャージでお店に来て、引きこもりだと思われないかしら」とドキドキしたものでした。子どもの体操服もしくはダラけた感じの部屋着だなんて、私のジャージに対するイメージは散々なものですね。今ではブランドジャージがお高いことを知りましたし、すっかり慣れて走った後にスーパーで割引ハンティングをするのがお約束になっていますが。

そんなこんなで最近はジャージがお洒落らしいです。今度遊びに行ったら本当に上は普通にフェミニンなのに下だけジャージの人がいるのか探してみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えぬ 

Author:えぬ 
世の中に色々と思うところがあり人生に慎重になっている貧乏性。クリエイティブに生きたいと願いつつお絵かき・動画・DTM・MMDなどPCでタダで遊べる物には手を出してみたり。ファンタジーやドンパチアクションものが好き。

傾向
オリジナルの獏漫画や小ネタを中心にアニメ・漫画の版権イラストや取り留めのない雑記を書いています。
カテゴリクリックで古いものから表示されます。

バナー〈リンクフリーです〉
バナー

ブログ村ランキング参加してます
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
 クスっとしたらお恵みを

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle参加ランキングsidetitle

ブログランキング・にほんブログ村へ
コミックルーム[WEB漫画検索サイト]
ウェブコミックランキング
無料で読めるWEB漫画・ウェブコミックリンク / COMIC-FAN / コミックファン /
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR