FC2ブログ

こんにちは2月2019

2019_02_02.png

2月ですね。

去年の今頃は大雪で電車が止まって会社を休めたりしたのですが、今年の冬は温かいですね。
今日の昼間もいいお天気で、ぶいぶいと自転車でお買い物に行ってきました。寒いと動きが鈍りますが、動かないとお腹が空かないのでなんとかその辺をうろうろして運動してきました。おかげで今日の晩ごはんも美味しく食べれてミッションコンプリートです。

それはさておき、上のイラストは節分とバレンタインの準備をしている女子高生ちゃんと獏の図です。

今月は短いですが頑張って獏々しようと思います。
スポンサーサイト



節分落書き2019

節分4コマが間に合いそうにないのでせめてもの節分落書きです。

145a.png

4コマはおそらく明日アップします。


遅刻節分4コマ2019

明日アップ予定ですとか言って更に日付を跨いでしまいましたが節分4コマです。

145.png

世の中の皆さんは撒いた豆のお片付けはどのようにされているのでしょうかね。

私は全くのうろ覚えで嘘かもしれないのですが、昔に三角の袋に入った柿ピー的な何かをていっと放り投げたような気がするようなしないような気がいたします。

よくα化されている

2019_02_07.png

週末はぐっと冷え込むそうで、焼き芋が美味しく食べられるチャンスですね。

この冬はIHの鍋でゆっくりじっくりサツマイモを蒸すのがマイブームになっています。
お芋を蒸す…理科的な表現をすればデンプンのα化(糊化)ですが、科学実験の如くIHの加熱の強さと蒸す時間を色々と試行錯誤しながらベスト芋を探求しています。ガス代にビクビクして碌に加熱調理もできなかった過去の自分では考えられません。オール電化万歳。

調子に乗って安納芋をじっくり蒸していたら、あまりの糖度の高さに鍋底にカラメルの如く蜜がこびり付いていて仰天しました。さじ加減が難しい所ですね。

十人十芋な1Pまんが

種類豊富なサツマイモたち

20190129.png
※決して紫芋が厨二病フードだと考えているわけではございません。紫がかっこいいからつい…。

生の(と言うのか?)紫芋・紅イモは害虫の拡大を防ぐため一部地域からの持ち出しが規制されています(例:沖縄からの持ち出し禁止)。いわゆる検疫とかいうやつです。

そんな背景もあり、今まで私が住んでいる地域では紫芋タルト等加工品しかお目にかかれませんでしたが、今シーズンは近所のスーパーで生の紫芋が売られているのを発見しました。あくまでもサツマイモに寄生している害虫を招き入れないようにとの処置のため、現地で1から栽培する分には問題ないのですね。去年はなかったような気がしますが、地元の農家の方が生産しているようです。

やはりレア芋だけあってお高めですが、今度買ってみようと思います。

バレンタイン落書き2019

13・14日と東京出張でバレンタイン4コマが間に合わなかったので取り急ぎバレンタイン落書きです。

2019_02_14.png

私が住んでいる地域は雪が降っているのに、東京は晴れているというジレンマ。スーツに合う防水性能高めのショートブーツを新調したい今日このごろです。

明日働けばお休みなので、4コマは土日にアップしようと思います。

ヤバイのが平常運転

2019_02_19.png

いつものことではあるのですが、ここ最近は特に弊社の状況がよろしくありません。
慢性的な人手不足や業務の無茶振りは他社様におかれましてもよくあることかとは存じますが、弊社はどうも今年に入ってから毎月何やら問題が発生しており、先週の金曜にも新規のヤバイ案件が爆誕して土日は衰弱していた次第であります。

月曜はストレス発散のため先日ちらっと記事に書いた紫芋をついに購入し、夜間電力になるのを待って芋を蒸す儀式をしておりました。こちらは写真を撮っておりますので、機会があれば紫っぷりをご紹介したいです。

バレンタイン4コマは線画に入っているので近日中に完成するかと思います。
趣味の時間を増やしたいものですね。

遅れて来たバレンタイン4コマ2019

すっかり遅くなってしまいましたがようやくバレンタイン4コマが完成しました。

146_.png


私は根っからの貧乏性なので、1粒うん百円などの高級チョコレートを食べると胃がショックを受けてお腹が痛くなります。

それはさておき、1コマ目の「「WHOOOOO!」はフゥーーーー!とハイテンションな感じの意味です。
FOOOO!ではあまり通じないようですね。

猫の日4コマ2019

日付が変わってしまいましたが猫の日4コマです。
さんざん引っ張ったバレンタイン4コマに比べ早く仕上がりました。今週の私はどうやら仕事が終わってモチベーションが上がっている新型うつのようです。

147_.png


さて、普段はケルベロスで犬系は結構描いているのですが、猫はほとんど描いていませんでした。猫は難しいので…。
ですが、この度ふと↑の4コマの「オスの三毛猫の猫又」を思いついてしまったので、不思議生物達に仲間入りさせようと思います。今回は間に合いませんでしたが人型にも化けます。

↓猫の画像を見ながらがんばって描いたものの、例によって4コマでは小さくなるのでちょびっと拡大
147a.png


【3月11日追記】
最初は4コマタイトル及び4こま目の補足にオスの三毛猫の確率が3万分の1との記載がありましたが、イマイチ根拠に確信が持てないため不明確な情報は避け修正しました。新タイトルのSSRとはスーパースペシャルレア的な意味のカードゲームとかのレアキャラ枠のことです。

一説には◯◯と言われるくらいに留めるのが無難

2019_02_27.png

先日の4コマで書いた「オスの三毛猫の確率が3万分の1」というネット情報の出処を漁ってみた所、どうやらちょっと古い書籍にそのような記述があるようです。4コマを書いた時点ではネット上のいくつかの記事を見て3万分の1としている所が多いなぁという印象でしたが、後日見たウィキペディア先生の「三毛猫」の頁に同様の記載があり、あっさり出典の書籍が書いてありました。こういう時に限ってウィキペディア先生を見ていなかったという…。

ウィキ先生の説明で気になる点としては、「オスの三毛猫は3万匹に1匹程度」と「クラインフェルター症候群のオスの出生率は3万分の1」という情報が書かれていたことです。オスの三毛猫の原因はクラインフェルター症候群だけではないので、総合するともう少し確率が上がるような…。まぁ確認のしようがありませんね。

人間の場合ですと、例えば『19〇〇年~20XX年に500施設の病院で生まれた△△万人のうち◯人がこの病気だった』といった大規模な調査で割としっかりしたデータが出せますが、お猫様となりますと話は別です。3万匹の三毛の子猫を調べて1匹がオスだったから確立は3万分の1、なんて単純な話ではないはずです。

こうなってくると引用元の書籍の内容が気になる今日このごろであります。

でもまぁ、神秘的な猫のあれやこれを解明しようだなんて野暮というものですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

えぬ 

Author:えぬ 
世の中に色々と思うところがあり人生に慎重になっている貧乏性。クリエイティブに生きたいと願いつつお絵かき・動画・DTM・MMDなどPCでタダで遊べる物には手を出してみたり。ファンタジーやドンパチアクション、雑学・教養(になりそうな)モノが好き。

傾向
オリジナルの獏漫画や小ネタを中心にアニメ・漫画の版権イラストや取り留めのない雑記を書いています。
カテゴリクリックで4コマが順番に表示されます。

バナー〈リンクフリーです〉
バナー

ブログ村ランキング参加してます
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
 クスっとしたらお恵みを

sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle参加ランキングsidetitle

コミックルーム[WEB漫画検索サイト]
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR