FC2ブログ

だって私、夢を見ている私が好きなんだもの

yusya.png

この土日はなんだかどんよりとしていて、特に必要なものもなかったので外出もせずに部屋で映画を見ていました。

上のイラストのようなドンパチファンタジーではなく、今敏さんの「千年女優」のDVDを借りて見てみたのですが、なんだかとっても長い時間映画を見ていたような錯覚というかある種のカタルシスというか、とりあえず明日またお仕事に行くのがいやだなぁという気分です(←映画関係ない)。まぁそのぼんやりとした気分のあと、家族と電話できゃっきゃしてすっかり元気ハツラツになったのですが。

さて、やはり私は心躍るファンタジーが好きです。
ドラゴンは倒すより仲間にするほうがステキですねぇ。オススメは海外のCGアニメ映画の「ヒックとドラゴン」です。今度紹介記事を書きたいです。

長期休暇で実家に戻ると食後の団欒に映画を見ることが多いのですが、なんだか私は気づかずに続編から見てしまう呪いにかかっているようです。タイトルに2とか数字ではなくて~〇〇〇〇~とかサブタイになってしまっているとこのトラップにかかります。

アベンジャーズなんて一体何作目を見たのかわからないし、マイティ・ソーはおかしいなおかしいなと思いながら見つつヒロインが前作の悪役らしき人に会って「お前は・・・!」みたいな反応をした所でこいつら面識あるぞ・・・・・・!?と前作の存在を確信し、アメイジング・スパイダーマンはへぇ今度のスパイダーマンは最初から彼女がいるのかーと呑気に思ったりしていました。
(スパイダーマンについては、最初にスパイダーマンになった回想みたいなのがあり、アメイジングはピーター・パーカーの俳優を変えたリメイクだから同じシーンはしないのかなと思っていました)

ヒックとドラゴンはきちんとタイトルに2が付いていたのですが、先にネットの情報でずっと見たいと思っていたのに帰省時に地元のレンタル屋に行ったら1が貸出中で、数年後の話で主人公もずいぶん成長しているみたいだし単品で見てもいっかと2を先に借りてきてしまいました。
その結果期待通りにとても面白く、ことあるごとに「くそっ・・・ヒックとトゥース(ドラゴンの名前)の出会いが気になる人は1を見てねと言うことか・・・汚い続きもの商法まじ汚い」とこぼし、家族に「いやそれが普通だからね・・・・・・!!!?」と鋭いツッコミを入れられたりしておりました。これが本当の確信犯というやつですね。

さて、次はふとネタが浮かんだので獏とドラゴンがキャッキャウフフするお話でも描こうと思います。


スポンサーサイト



充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かないらしい

前回予告した獏とドラゴンの漫画です。

93__.png

4コマタイトルのクロマキー合成とは大体このような感じです↓

93a.png

緑や青い何かに囲まれた中で撮影し、背景を自由に合成できる技術のようです。


記事タイトルの「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」とはSFの巨匠のクラークさんが唱えたというクラークの三法則の一つで、原文では「Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.」というそうです。

確かに最近の映画の映像は物凄いし、USJのハリポタのアトラクションもとても迫力がありました。

いつか子供用の朝アニメのファンタジーちっくな玩具のステッキが魔法の掛け声で火を噴く時代が来るかもしれませんね。

じわじわと

618.png

出張やら家の用事やらであちこち飛び回っていたので、今週は1日しか自宅に戻れず、すっかり更新がご無沙汰になってしまいました。

生きてます。

外を歩いているとじわじわと夏の訪れを感じますね。

寄り道、回り道

kobaku.png

多摩動物公園の赤ちゃんバクの件ですが、東京出張の前後はどうにも予定が合わなかったので、この前大阪に行った際についでに行ってきました。新幹線で新大阪から東京まで約二時間半、日帰りです。一体どこまでがついでの寄り道に含まれるのか疑問ではありますが、まぁ自宅から行くより近いのでよしとしましょう。

近いうちに赤ちゃんバクの写真を載せようと思います。

多摩動物公園、バクの赤ちゃん

この前多摩動物公園にバクの赤ちゃんを見に行ってきたので、写真をご紹介します。


b.png

道路にバクの足跡が。前脚が4本指、後ろ脚が3本指の特徴的な足跡です。


a.png

赤ちゃんはお昼寝中でした。ウリウリしていてとても可愛いです。ちょこっと出ている舌がまたなんとも言えず可愛いですね。

baku.gif

頑張って動画を切り出してGIFにしてみました。
寄り添うお母さんバクさんと、甘えている感じの赤ちゃんのワンシーンです。

GIFを見ていただくとわかる通り、ガラスに光が反射してしまってなかなか写真が上手に撮れませんでした。人が集まって影になってくれたタイミングで撮っておいたのですが、改めて見直すと少々見難くて残念です・・・。

お母さんバクが寝床の藁の部分を赤ちゃんに譲っていたのが微笑ましかったです。



あと、バクではありませんが個人的ベストショットのユキヒョウさんです。この近さ!かっこいい!

c.png



こいねがうだなんて!

最近は果物系の紙パックのジュースを買ってきては、炭酸水で割ってちびりちびりと飲んでいます。
暑い時はなんとなく薄めの方がさっぱりして美味しく飲める気がするし、うっかり沢山飲んでしまっても糖分摂取量は原液を飲むより控え目!という邪な考えを持っていたりします。普通のジュースを原液と表現していいのか定かではありませんが。

というわけで薄め過ぎてなんだかよくわからない獏2人です↓
yorokobi.png

さて、この前ホテルでなんとはなしにテレビのマツコさんが出てくる番組を見ていました。

「大人が怒られたのはこんな時」みたいな街頭インタビューコーナーのBGMに『The Heart Asks Pleasure First』のギターアレンジのような曲が流れていて、私はこの曲をフィンランドのバンド、Nightwishバージョンしか知らなかったもので、えー何でこの曲が流れてんの!?と夜中のテンションで大層びっくりしました。
しかしすぐに、まぁきっと外国でもともと有名な曲のカバーだったんだね、と思い至り、帰ってから調べた所、カンヌで受賞した有名な映画に使われている曲のようでした。

1993年のピアノ・レッスンという映画だそうで、原曲をネットで聞いてみたら綺麗なピアノ曲でした。20年以上前なのですから原曲を知らないのも無理はありませんね。
自分は知らずに聴いていてそのアーティストが作った曲だと思っていても、実際はオリジナルが別にある、というのは他にも沢山あるのでしょうね。色々なアレンジカバーを聴き比べるのは楽しそうです。

オリジナルのタイトルは上記の通りThe Heart Asks Pleasure Firstなのですが、邦題では『楽しみを希う心』というそうです。
私は「希う」が読めない系の人間だったので、ドラッグ・右クリ・検索のコンボで「こいねがう」というのだと知りました。

こいねがうだなんて滅多に使うことのない言葉だと思いますが、なかなかどうしてかっちょいい和訳ではありませんか。
汎用性皆無で詩的な日本語の奥の深さといったら!


続・多摩動物公園、バクの赤ちゃん

この土日で少し写真の整理をしたので、せっかくですから多摩動物公園のバクの写真をもう少しご紹介します。


d.png

少々ブレておりますが後ろから見た赤ちゃんです。
大人のバクも耳の先が白いですが、赤ちゃんはさらに耳の裏の真ん中あたり横一列に斑点がありますね。

f.png

見返り美人な図です。


e.png

そして、外にはこの親子のお父さんとお兄さんバクもいるようでした。どちらかはわかりませんが、遠く離れた所に発見。
今まで4箇所バクのいる動物園を見ましたが、ここが一番広々としたお宅でした。


機会があれば、次はウリボウ柄から白黒に移り変わりの時期を見てみたいです。


はて、君は誰だったかな?

nigaoe.png

最近ペンタブの調子が悪いです。

お絵かきソフトで筆圧が反映されずベタっとした線しか引けなかったり、右クリックに当たる部分のボタンを押しても反応してくれません。USBを抜いて挿しなおしてみたり、パソコンを再起動すると直るのですが。

もう少しで会社から夏のお小遣いが出るので、新しいペンタブを買うか検討しようと思います。
よくよく考えれば今使っているものは学生時代に買ったので、もう何年も使っているんですよね・・・。
お掃除の時に隙間に入ったホコリなんかを出そうとひっくり返してぺんぺかぺんぺか叩いていたのが致命傷になったのかもしれません。

あと、獏シリーズのキャラクター紹介を作ってみようかなぁと考えています。
今の所は最も初期の頃のばっくんと頭丸い少年の紹介しかありませんが、なんだかんだで4コマも増えましたし、不思議生物のお友達も増えました。

たまに海外の創作サイトを見てみると、皆さん自分のオリジナルキャラクターの設定を凄く凝っている印象を受けます。
『Character Sheet』と呼ばれていたりする設定集みたいなものがあるのですが、キャラクターの全身像や顔のアップの表情バリエーション(アニメ公式HPのキャラクター紹介画像みたいですね)イラストと、名前、年齢、髪の色、眼の色、種族、武器(!)なんかのプロフィールが一枚の画像に細かく書かれています。見ていると自分のキャラクターにとっても愛着を持っているんだなというのが伝わってきます。

ここまで詳細なものは作りませんが、キャラごとに顔と名前と簡単な紹介が書かれたものを、全キャラ分まとめて見れるようなものを作ってサイドのわかりやすい所に貼っておこうかな~と計画しています。
sidetitleプロフィールsidetitle

えぬ 

Author:えぬ 
世の中に色々と思うところがあり人生に慎重になっている貧乏性。クリエイティブに生きたいと願いつつお絵かき・動画・DTM・MMDなどPCでタダで遊べる物には手を出してみたり。ファンタジーやドンパチアクション、雑学・教養(になりそうな)モノが好き。

傾向
オリジナルの獏漫画や小ネタを中心にアニメ・漫画の版権イラストや取り留めのない雑記を書いています。
カテゴリクリックで4コマが順番に表示されます。

バナー〈リンクフリーです〉
バナー

ブログ村ランキング参加してます
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
 クスっとしたらお恵みを

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle参加ランキングsidetitle

コミックルーム[WEB漫画検索サイト]
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR