FC2ブログ

妖逆門の話

koma.png

今月からうしおととらのアニメが始まります。とても楽しみですが、今自分の感想を好き放題書いてしまうとこれからご覧になる方の気持ちに水を差しかねないので、うしおととら作者の藤田和日郎さんが原案協力しているアニメ(漫画もあるそうです)、妖逆門の話でもしようと思います。

優勝すると何でも願いを叶えてもらえるという不思議な「げえむ」、妖逆門(ばけぎゃもん)の参加者に選ばれた子供達がなぞなぞを解いたりモノ探しをしたり最終的には札に封じられた妖怪を召喚してバトったりする妖怪バトルアニメです。
上のイラストは子供達を妖逆門に誘い、げえむのサポートをする‘個魔’という存在で、左からウタ、ムガ、ハル、フエ、ギグ、ナミ、デコ(敬称略)です。

個魔の皆さんは1人1人子供達のパートナーとなり、普段は子供の影に潜んでいるのですが、主にバトルでの防御などをしてくれます。人間ではないのですが妖怪でもなさそうでイマイチよくわからない黒尽くめ&手袋な人たちです。

内容はまぁ子供向けアニメなので、大人になって見た私には物凄く面白いかと聞かれれば微妙な所なのですが、タイトルの妖逆門がバックギャモンと掛かっていたり、駒と個魔が掛かっていたり、参加者はプレイヤーだと思っていたら「ぷれい屋」という粋な感じだったりとなかなか遊び心がある作品だと思います。フエさん(主人公の個魔)だけエンディングに漢字表記があるのですが、不壊という字面を見て「か・・・かっこいい・・・!」と厨ニ心を擽られました。

2人で協力してストーリーが進むジャンルをバディものと言ったりしますが、パートナーというのはピカチュウのように可愛いモンスターだったり、2人はのプリキュアのように同年代の人間だったり、相棒のようにベテランと新人の組み合わせだったりと様々な形がありますね。妖逆門においては小学生や中学生の子供に大人のパートナーが付き、げえむの指示を出したり率先して戦ってくれるかと思えばそうではなく、あくまでも子供がメインで行動し、個魔は基本的に見守る姿勢、というなんとも保護者然とした微笑ましくも不思議な関係です。フエさんに至っては主人公の小学生・三四郎のことを「兄ちゃん」と呼び、優勝させる気があるのかないのか胡散臭い感じ全開です。とは言えたまに三四郎が迷った時には導くような助言を与えることもあり、何だかんだで信頼関係を築いているようです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さて、ここからはうしおととらに絡めた話になりますが、妖逆門にはうしおととらに出てきた妖怪が沢山でてきます。かなり初期でほとんど忘れかけていた石の鎧や、見開きが多くの人のトラウマになったと噂のふすま、海座頭のおじいさんなど、子供達が遊戯王カードゲームのように札での妖怪バトルをする中で、かなりの妖怪がゲスト出演しています。

基本的には喋ったり人間と交流があるわけではなく、召喚されて行動し、相手の攻撃を受けると札に戻るというヴァンガードカードゲームアニメのようなバトルを繰り広げます。
一鬼さんなんかは大出世で、主人公の手持ちのスタメン妖怪です。うしおととらで知ってから妖逆門で見ると「あぁ・・・一鬼さんヒーローしてるなぁ」となんとなく温かい目で見守り、もう一度うしおととらを読むと「一鬼さんチィーっす!」と親しみを持って挨拶することができます。

そして嬉しいことに鎌鼬兄妹の雷信・かがり、イズナがきちんと1話貰って登場します。イズナは札にはなっておらず、ちょこちょこ登場します。残念ながら十郎兄さんの出番はありませんでしたが、こちらの世界でも雷信とかがりは仲の良い兄妹のようです。かがりの性格も相変わらずで、非常に懐かしくによによして見てしまいました。鳥妖ちゃんはちゃっかり主人公の手持ちに入っており、登場する度に愛嬌を振りまいています。(ポケモンやデジモンと違って、このアニメに登場する妖怪のほとんどは非常に可愛くないのです・・・)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最大のツッコミ所は前半のオープニングが Janne Da Arcのメビウスで、最初に見た時は思わず「合わねぇ!」と叫んでしまいそうになりました。目指せポケモンマスターやButter-Flyの比ではありません、子供向けモンスター(妖怪ですが)バトルものアニメのOPに何故あんな別れたのか何なのかしんみりした恋愛ちっくな歌を選んでしまったのでしょう。サビの部分のアニメーションとのアンバランスさが何とも言えません。
ラストの主人公が青空の下で仲間と一緒に笑ってるシーンの下に表示されている歌詞が「悲しみのメビウス」なのはそれだけ見るとコラかと疑ってしまうレベルです。慣れればクセになるのですが。メ・ビ・ウ・ス!

後半のOPは小室ブームを築き上げ、今どきの曲とは違いBOY MEETS GIRLなんかはきっとほとんどの人が聞いたことがあるであろう、TRFのボーカルYU-KIさんが歌っています。こちらはアップテンポでとても格好良い曲です。

私がこの作品を知ったのはうしおととらを読んでその繋がりでだったのですが、うしおととらが好きな方は妖逆門で妖怪たちを探してみると面白いかもしれません。まぁこれからしばらくはうしおととら本編で懐かしの妖怪たちにまた会えるのですけどね。実に楽しみです。
スポンサーサイト



バクを訪ねて三千里

20150705_154149.png

今日行った動物園にもバクがいました。
友人達が意外と大きいとキャッキャしている様子を見て何故か誇らしい気持ちになる今日このごろ。

しかしバクの鳴き声は本当に可愛くて癒されます。

しゃちほこの漫画

syatihoko.png

名古屋城に行って鯱に跨って記念撮影をしてきました。

鯱(しゃちほこ)とはただのお魚さんではなく、頭は虎・体は魚という不思議生物です。(あまり頭は虎に見えないのですが・・・)
お城の屋根にいたりしますが、火事等の厄災から守ってね、という意味で設置されているそうです。

物凄いソリの姿勢が特徴的ですが、魚の骨格ではあの方向に曲がるのは大変な気がします。
そういえば、哺乳類でも前日に行った名古屋港水族館のベルーガの飼育員さんの話ではイルカは速く泳ぐために首の骨格がしっかりしていて、頷く動作ができないそうです。一方ベルーガはゆったりとした泳ぎ方で、野生では氷をかき分けて泳いだりするので首を動かすことができるそうです。

まぁ哺乳類っぽい背骨だったとしてもあっちの方向に曲げるのは文字通り骨が折れると思うのですが、とりあえず鯱は泳いでみたらあまり速くないのではないかと思いました。

七夕の漫画

tanabata2015.png

日付を跨いでしまいましたが、七夕でしたね。

織姫と彦星はイチャイチャしすぎて働かないので引き離されたという話は有名ですが、昔久米田康治さんの漫画だったと思うのですが織姫と彦星の年に一度の逢瀬は星の寿命を人間に換算すると0.3秒に一回の頻度だという話を読んで目から鱗だった記憶があります。宇宙の神秘は奥が深いですね。

この前JAS○ACの料金云々のニュースが話題になっていましたね。
あれは誰のどの曲がどれくらい使われたかで著作権料が発生すると思っていたのですが、お店なんかだと曲の内容ではなく店舗の大きさなどでまるっと決まっているのですね。
まぁライブハウスやカラオケならまだしもお店のBGMでどの曲がどれくらい使われたのかを調べるのは大変だとも思うのですが、製作者にいくら配分されているのか疑問ですね。J○SRACの神秘は奥が深いですね。

童謡などは昔から普通に歌ったりしているので失念しがちなのですが、七夕の歌も意外と著作権保護期間中なんですよね。

しゃちほこの漫画の後日談

この前の鯱の背骨についての続きです。
syatihoko2.png

鯱の背骨ってどうなってるの?というしょうもない発想から外側が金だから写らないはず、とオチを考えて今回の話を描いたのですが、そう言えば金(Au)と骨(Ca)って写る濃さは違うのかしら?と疑問に思ったので調べてみたら面白いことがわかりました。

古い像や絵画なんかがキラキラ金色に塗ってあった場合、それが金なのか別のものなのか見ただけではわかりません。しかし貴重な古い芸術作品をちょちょいと削って調べるわけにはいきません。そんな時にX線を照射してみると検出されたデータから元素の種類や量がわかるというのです。
これは金に限った話ではなく、元素によって検出感度が違いますが、検出できるものは細かくこの色の部分は○○が使われている、と分析することができるのです。国宝の吉祥天像とやらをまるっと調べた文献を見つけ、思わず読みふけってしまいました。

また、種類だけでなく量もわかると書きましたが、傍目にはわからない金箔の厚さが、いくつかの作品を比較することで時代と共に技術が進みより薄く伸ばされていることがわかったそうです。こちらは輝度の比率と書いてあったので、実際の厚さではなく作品間の相対的な厚さの差を調べているのでしょうかね。

硝酸をかけて溶けなければ金だぜ、なんて無粋なことをせずとも触れずして調べることが可能だなんて凄いですね。

テキトーな思いつきだったのに、鯱だって立派な文化財ですし、なにやら非常に文化的かつ科学的かつ真面目な話になってしまってビックリしました。
この前の2コマ目でまっすぐになった鯱を描いている時はこんなことになるとは予想もしてませんでした。

旅行に行ったり七夕のネタを挟んでしまいましたが、次はケルベロスの続きを描こうと思います。

シュガーやスパイス的な何かでできているのさ

だいぶ間が開きましたが続きです。
【あらすじ】ポチ・タマ・ミケと名付けられたケルベロスはシャー・ロッ・トへの改名の危機に瀕していた
58.png

一応これでケルベロス編のラストです。今後は補足的な話をちょこちょこ出そうと思います。

ケルベロスと言えばキューティクル探偵因幡にケル・ベロ・スという名前のケルベロス?キメラ?だったかが出てきて、その後主人公にケ・ルベ・ロスという改名案を出されていたことを思い出しました。

この前永野護さんのファイブスター物語の新刊が出るとニュースに載っていましたね。
ケルベロスはギリシャ神話の登場生物ですが、ファイブスター物語に登場するファティマ三姉妹のアトロポス・ラキシス・クローソーもギリシャ神話の女神から付けられていますね。あんなに沢山キャラクターがいると名前を考えるのが大変そうです。

急がば回れ(ただし特急料金を頂きます)

bakuiruka.png

先週は北陸に出張に行ってきました。
帰りにバッチリ台風とかち合ってしまい、サンダーバードが動かなくなってしまったので、意図せずして北陸新幹線の金沢~東京まで完走してしまいました。名前がかっこいい「つるぎ」に乗りたかったのですが、行きと帰りで「かがやき」と「はくたか」にお世話になりました。というか調べたらつるぎは金沢~富山だけなんですね。はくたかは前は新潟らへんの特急だったと思うのですが、新幹線の名前になったのですね。

実物の北陸新幹線は青と金がとても美しかったです。ただ停車中の側面だけみると結構シンプルで、ポスターなんかだとあの前面のお顔の印象が強いので、最初見た時にはすぐには気づきませんでした。シートはなかなかに快適で、全ての車両であれになればいいのになぁと思いました。

ぼちぼち梅雨明けしてきましたが、こうも暑いと水族館巡りをしたくなりますね。

楽シイ残業ノススメ

59.png
4コマ目のポスターのポーズは広末涼子さんの「MajiでKoiする5秒前」のCDジャケットを参考にしました。

夕日が綺麗な日は残業がしたくなります。何故なら眩しいオレンジの光の中歩くと衰弱するからです。
一時間程度ではまだダメです。電車は混みあい、とても乗れたものではありません。1人1つり革をキープできれば御の字です。
二時間たち、19時になれば私がいつも乗る電車はそこそこ空き、運が良ければ座ることも可能です。駅につく頃には日も落ち着いています。

普通の給料はあまり時給換算しようという気にならないのですが、残業代は給与明細に月の残業時間と共にシンプルに書かれているので、アルバイト代をもらったかのようなワクワクした気持ちになります。時給にすると高給バイト代表の家庭教師とまでは行きませんが、そこそこの金額をもらえてることがわかりによによしてしまいます。
二時間程度残業したのち、帰りの道すがらのスーパーで半額になったお惣菜ハンティングをするのが楽しくてなりません。ほんの一時間程度残業するだけで夜のスーパーでかなりの豪遊ができるので(残業した分を使い切るような買い物はしませんが)、たまーにする分にはいいかなと思います、残業。今の季節会社は涼しくて快適ですしね。
しかしうちの会社に限ったことではありませんが、部署によっては人手不足で残業が常態化している所もあるので、人員不足を改善した方がいいと思うのも事実です。アフター5や花金なんて今のご時世じゃなかなか浮かれていられません。

所で「終活終われハラスメント」に無理があると思うのは私だけでしょうか。
本来「就職活動」や「パワーハラスメント」を略したもののはずなのに、最近は、短く○活や○○ハラと言葉を作ってから長い説明文がついてきている気がします。

59a.png



未だ枯れぬ表現欲と【4コマ#60】

60.png

家族や友人が近くにいる時はよく落書きをして見てもらうのが好きでした。今でも帰省したり遊びに行ったりして顔を合わせるとしますが。お絵かきしりとりとか楽しくていいですね。

この前白イルカを水族館で眺めていたら、頭部がブラキオサウルスに似ているのではないかと思いました。ブラキオサウルスの頭蓋骨や復元図を見るとちょっと面長かなという気もしますが、トカゲや現存の爬虫類よりよっぽど似ていると思います。ひとたびその発想に至ってしまうと白イルカの顔はなんとも恐竜じみている気がしてロマンを感じました。白イルカって意外と目の位置が離れているというかなんというか正面から見ると少々怖いです

メガ恐竜展に行きたいのですが、何しろ遠いのでどうしたものか悩みモノです。来月の東京出張の際に半休を取って行っちゃおうかな、と企んでいます。

↓ブラキオサウルスと白イルカ比較(本当はブラキオサウルスの首はもっと水平に倒れているらしいです)
60a.png

sidetitleプロフィールsidetitle

えぬ 

Author:えぬ 
世の中に色々と思うところがあり人生に慎重になっている貧乏性。クリエイティブに生きたいと願いつつお絵かき・動画・DTM・MMDなどPCでタダで遊べる物には手を出してみたり。ファンタジーやドンパチアクション、雑学・教養(になりそうな)モノが好き。

傾向
オリジナルの獏漫画や小ネタを中心にアニメ・漫画の版権イラストや取り留めのない雑記を書いています。
カテゴリクリックで4コマが順番に表示されます。

バナー〈リンクフリーです〉
バナー

ブログ村ランキング参加してます
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
 クスっとしたらお恵みを

sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle参加ランキングsidetitle

コミックルーム[WEB漫画検索サイト]
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR