FC2ブログ

'Cause あいむあ にんげん

6.png


この前東京砂漠へ出張してきたのですが、会議室を借りていた建物の近くの地下に相田みつを美術館なるものがあったのでふと浮かびました。
相田みつをさんは昔学校とかに日めくりカレンダーがあった気がします。今度時間があれば中に入ってみたいです。
スポンサーサイト



ヤマなしオチなし説明のみ

今回は次に描きたいネタの前振りです。

ゲーム1

本当に描きたいオチに向けての導入として無理やり説明の4コマにしましたが、4コマできちんとネタを入れて完結させるのは難しいなと思いました。
しかし1ページ漫画にしてスッキリ仕上げるにはコマ割りなどのセンスが不安ですし、そもそも1ページで足りるかも疑問です。
とりあえず今回は4コマ×3本で1つのネタを描くグダグダ仕様で行こうと思います。

なぜSなのか

前回のゲームネタの続きです。

S

1コマ目の歌詞は某庭球ミュージカルの空耳より(流石に空耳じゃJASR○Cさんも許してくれるでしょう)、2コマ目のゲーム画面と曲名は某肩幅音楽乙女ゲームを参考にさせていただきました。

某ミュージカルは女性向けかと思いきや男性にも大人気で、学生の頃サークルの友人が数人がかりでニコニコのコメントも再現してカラオケで歌って演じてくれたものです。男女問わず盛り上がれる作品はいいですね。

どうしてSなのか

前々回と前回からの続きです。これでこのネタはお終いです。

S2


事の発端はこの前の上司との面談、今後のお給料にも関わるそこそこ真面目なイベントだったのですが、私の評価はAでありました。
そしてどういう訳か舞台の座席やゲームの難易度の如く私の会社の社員評価の最高もSなのです。A・B・C・DそしてS。
何故Sなのだ。

例えば変な順番が付けられているモノと言えばKから始まる電子殻さんなんて私の中では最たる物ですが、これは「Aから始めてもし今後もっと内側に電子殻見つけちゃったらヤバくね?」というボーアさんの「こんなこともあろうかと!」精神の結果だとちゃんと先生が教えてくれました。

しかしS、テメーは(以下略)、世の中にこんなに紛れ込んでいるのに果たしてその理由を誰かが教えてくれたことがあっただろうか?調べてみると案の定私と同じ境遇の人々がネットの賢人達に教えを乞うておられました。

結論はと言うと、なんと明確な理由がわからないらしく、SpecialかSuperiorと言う人もいれば、絶対Superだと言っている人もおり、挙句の果てに「Sランク」という付け方はゲームが発祥だとの意見もありました。
個人的には「Aより上のちょっとかっこいいランク作っちゃおうぜ」とか言ってゲーム会社の人が作ったものがあちこちに広がったのだとしたらとても愉快でステキだと思うのですが、ベンツにもSクラスとかありますし真偽の程は定かではありません。

しかしベンツのSやEやCLやRだのといった私のような貧乏人が見ても理解できないくらいの細かなクラス分けなら最初からなるほどわからんで済ませられるのですが、件のSに関してはABCDとアルファベット順のくせしてSが頂上に君臨するという超常現象に疑問を感じたので今回のネタができました。

このようなくだらないことを考えていると面倒くさい面談も少しは楽しくなるというものです。

嘘だと言ってよマーニー

on the outside

映画も好調のようで、ラジオを聞いているとマーニーの主題歌「Fine On The Outside」がよく流れます。
ゆったりとしたきれいな曲で、『周りからはいい子に見られるけど私だって色々あるのよ~』的な歌詞が切なくて良い感じです。

ところで歌詞を聞いていると「ダークライ、ダークライ、ダ~~クラァ~~~イ」と聞こえる所があって、はてダークライってどっかで聞いたことあるけどなんだったかなーと思って検索したらポケモンでした。(下図はイメージです) 

ダークライ


ダイヤモンド・パールが初登場とのことで、既にその辺のポケモンはさっぱりなのですが、ダークライさんはどうやら伝説のポケモンらしく、映画のタイトルにもなったことがあるようなのでそれで聞いたことがあったのですね。

ちなみに歌詞もきちんと検索して見たところ、ダークライだと思ってた部分は正しくは「and I cry」でした。なるほど。

これで今度からはFine On The Outsideを聞くとダークライさんがじわじわと浮かんでくることでしょう。

寝給へ日本人【4コマ#10】



日本人はあまり寝ないらしいです。

夏の終わり

夏の終わり

今年も夏休みが終わってしまいます。
学生の時の長期休暇が懐かしく感じますが、今後私の人生において1ヶ月近く休暇があるとしたら、会社に辞表を叩きつけて有給を全部消化する時なのでしょう。
あぁ、次の土日が待ち遠しい!

屍鬼の話

sunako1 copy

すっかり残暑ですがまだまだ夏です。ということでホラーな話でも。

屍鬼はご存知小野不由美さんの小説で藤崎竜さんがコミカライズし、アニメにもなりましたね。

屍鬼とは和製ヴァンパイアのような存在で、人の血を糧とし襲われた人はそのまま死ぬか、死後屍鬼として蘇ります。
某食肉作品は東京砂漠が舞台のようですが、こちらは山奥の小さな村に屍鬼の沙子ちゃんファミリーが引っ越してきて、夜な夜なひっそりと村人を襲っていき、その存在に気づいた人間との戦いへと発展するストーリーとなっています。

漫画・アニメと衣装が凝っており、特に沙子ちゃんは毎回ロリータやらゴスロリな服を着ていてとても可愛いです。実際ゴスロリブランドとコラボのお洋服も発売されたらしいです。

私はアニメも漫画もリアルタイムで見ましたが、アニメは音楽も相まって素晴らしい出来でした。
屍鬼への恐怖もさることながら閉鎖的な村の雰囲気もなかなか恐ろしく、特に最終話の教会で沙子ちゃんが神への恨み節を叫ぶシーンは来るものがありました。屍鬼とて望んで人間の敵になったわけではないのです。


せっかくなので色違い背景違いの屍鬼な沙子ちゃんバージョンもつくりました。大したことありませんが血が苦手な方はご注意を。

続きを読む

ベターマンの話

better.png

またまたホラー作品の紹介です。『ベターマン』より紗孔羅ちゃんと謎生物ベターマンのラミアさんです。

超熱血ロボアニメガオガイガーのスタッフによる、同じ世界設定の作品です。でもロボよりかは謎生物が沢山出てくるオカルトちっくなSF仕様になっております。テーマは「恐怖」とのこと。

ウィキペディアさんによるあらすじは
~2006年、世界は原因不明の大量自殺・殺戮行為を引き起こす「アルジャーノン」と呼ばれる怪奇現象に冒されつつあった。~
うん、これだけで既に怖いですね。
基本的には主人公のチームがアルジャーノンの原因を探る中で様々な異形のモノに襲われ、どこからともなく現れたベターマンが敵を倒す、というストーリー展開で進みます。
つまり地球防衛軍が怪獣と戦っているとウルトラマンが現れ倒してくれる、といったタイプの様式美です。
何故人類の味方をしてくれるんだ一体何者なんだウルトラマンベターマン・・・!

ベターマンは遥か昔から環境に適応しつつ(よりベターな方へ変化する)生きてきたとされる謎生物で、UMAや恐竜好きな私としては非常に魅力的です。ラミアさんは普段は子安ボイスでイケメンのにーちゃんの姿をしていますが、敵が現れるとその敵を倒すのに適した姿にメタモルフォーゼします。恐竜のような見た目でかっこいいです。

これがまた襲ってくるモンスターが気色悪くて怖いだけでなく、アルジャーノンによる人間の狂気もめちゃくちゃ怖いのです。紗孔羅ちゃんによる次回予告も怖いです。
主人公がギャグ漫画体質なのがせめてもの救いですが、全体を通してかなりガクブル仕様の作品だと思います。
あとシナプスだのアポトーシスだの生物っぽい単語が結構出てくるので理系の人がちょうど習った頃に見ればによによできるのではないでしょうか。
それとEDの作詞作曲と歌を監督さん自らが手がけているのポイントです。何でもできるなんてステキ!


そう言えば少し前に『アルジャーノンに花束を』の作者が亡くなったとのニュースを見た際、アルジャーノンという言葉が出てくる作品を思い出していて、攻殻の読書するタチコマが読んでいたのとダーティペアというアニメに出てきたネズミの名前だったのと、あと何だっけなんかの病気だったような、とFFVII ACを調べたらジェノバ因子だった違った、と諦めていたのですが、今回の件でベターマンだったと思い出してスッキリしました。

四畳半いっぱいに敷き詰めたい

ひえぴた

NASAが開発した常に31~33℃を保つというハイテク素材のアウトラストを使用したお布団が気になります。お高いですが。

4コマのタイトルはハマーさんの1stシングル『なんかのサナギ』からもじりました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えぬ 

Author:えぬ 
世の中に色々と思うところがあり人生に慎重になっている貧乏性。クリエイティブに生きたいと願いつつお絵かき・動画・DTM・MMDなどPCでタダで遊べる物には手を出してみたり。ファンタジーやドンパチアクション、雑学・教養(になりそうな)モノが好き。

傾向
オリジナルの獏漫画や小ネタを中心にアニメ・漫画の版権イラストや取り留めのない雑記を書いています。
カテゴリクリックで4コマが順番に表示されます。

バナー〈リンクフリーです〉
バナー

ブログ村ランキング参加してます
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
 クスっとしたらお恵みを

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle参加ランキングsidetitle

コミックルーム[WEB漫画検索サイト]
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR